ジェネリックとは

ジェネリックとい言葉を良く耳にすると思いますが、そもそもジェネリックとは何なのでしょうか。新薬は先発医薬品と呼ばれています。

その先発医薬品の後に出るのがジェネリック医薬品ですので、後発医薬品に分類されます。頭痛薬・胃腸薬やED治療薬、脱毛症などの治療薬が新薬では有名ですが、同一成分で造られたジェネリックが近年非常に人気が高く、信頼度も上がっています。

ジェネリックは新薬は特許となり、特許期間中は同じ成分かつ同じ効き目の薬品を製造することは不可能です。

ただし、期間満了となると医薬品のメーカーより、同じ有効成分で同じ効果効能といったものの開発が許されます。それが販売されているのが、言わばジェネリックなわけです。

新薬の発売は非常に時間とお金がかかります。非臨床試験、臨床試験などをくり返しながら、行い長くて15年は費やす必要があります。

逆に考えれば新薬開発の特許申請期間内は、その効能を持つ成分の薬を独占できるのです。

ジェネリックの場合ですが、30%から80%の価格差があります。新薬と同レベルですが、ブランド医薬品と同様の効き目で安価なので人気があるのです。特許が過ぎてから同成分の薬が造られ、それがジェネリックですのでこちらを購入した方が得策でもあります。
商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力
キーワードで絞る
販売価格(税込)で絞る
 円から
 円まで