抜け毛に悩む男性は少なくは無いでしょう。何と、男性の30%近くは20代から30代の青年期には以上に脱毛が増えてしまいます。そして、頭頂部の髪が地肌で目立つほどとなるのです。若はげは老化現象はまた違う、男性ホルモンの影響と考えられきたのです。

しかし、近年では化学の研究が進み、男性ホルモン(テストテロン)が直接脱毛だけでなく、5αリダクターゼという酵素が関係していると判明したのです。毛髪は基本的には4から5年の寿命があり、女性ホルモンはこの寿命を伸ばすことができると言われています。

しかし、男性ホルモンは縮めてしまうので厄介です。平均すると、男性の方が女性の毛髪より1から2年寿命が短いのです。そして、テストテロンがDHTという男性ホルモンに変換されるとより大変です。サイクルの成長期がいっきに短縮されてしまうのです。そのため、テストテロンがDHTとなると悪玉男性ホルモンと呼ばれるのです。

その原因は、テストテロンがDHTに変換されるのは、5αリダクターゼです。男性ホルモンが関係しているため、男性はどうしても早く発症してしまうのです。 5αリアクターゼという酵素が還元作用を起こすことで、DHTに変換されます。

このDHTこそ、毛髪の成長を抑制して脱毛を引き起こさせる諸悪の根源なのです。DHTはまさに悪玉男性ホルモンですが、悪さばかりを起こすものではないようです。

どうも、男性器の形成にこの成分が必要となるようです。5αリアクターゼが欠乏している男性は、生殖機能も低下していることが判明しています。

まだまだ分かりませんが、DHTさえ抑制できれば良いので、その産出を抑える薬の開発も進んでいます。基本的に、AGAを発症しているのは1000万人を超えると言われます。何と、20代では6%で30代でも12%います。

当然、年齢が上がるにつれその人数は増加傾向となり、50代では44%と約半数の男性がAGAに悩まされるのです。AGAは1種の老化現象と考えられますが、まだはっきりとは分かっていません。

AGAの初期症状としては、近頃髪の毛が柔らかくなったとか、枕やシャワー時によく抜けるとか、髪が細くなってきたという例が挙げられます。

実は、髪の毛が薄くなる人とならない人がいるのにはわけがあります。それは、遺伝新によって決定されているからなのです。AGAと言われている方は、「X染色体にあるAR遺伝子のCAG配列反復が少ない人」と遺伝学的に言われています。

CAGという塩基は平均22回反の配列です。16回~32回リピートと人それぞれに違っており、結果的にこのリピートが少なければ少ないひどに、男性ホルモンの受容体の感受性が高いのです。

とはいえ、今では治療薬も開発されており、フィナステリドという脱毛防止の薬があります。さて、AGAは頭のどの部分から薄くなって行くのでしょうか。

まずは、頭頂部から、額の生え際、頭頂部と額の2つのパターンがあります。さらに、このAGAなのですが側頭部や後頭部などには影響が出ないのも、注目ポイントです。

この部分には、酵素の5αリダクターゼⅡ型が多く存在しており、それがこの結果を招くのだそうです。

比較的若い年齢から頭頂部であったり額が薄くなっている方は、AGAの疑いが強いと考えられます。これらは、健康状態や生活習慣、病気などの影響も考えられます。

皮膚の毛細血管が瞬時に収縮することで結構が悪くなるのはタバコです。ストレスも毛細血管を収縮させます。シャンプーのし過ぎも頭皮にダメージを与え続けます。

高血圧や高血糖値、高コレステロールなどの三大生活習慣病が動脈硬化を起こす可能があります。

育毛に効果のある治療薬

フィンペシア(プロペシア)

フィンペシア

販売価格(税込): 1,350 円~

詳細はコチラ

フィンカー

フィンカー

販売価格(税込): 940 円~

詳細はコチラ

ロニタブ(ミノキシジル)

ロニタブ

販売価格(税込): 1,620 円~

詳細はコチラ

ツゲイン(ロゲイン)

ツゲイン

販売価格(税込): 2,250 円~

詳細はコチラ

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力
キーワードで絞る
販売価格(税込)で絞る
 円から
 円まで