個人輸入に関して

世界で効果が実証されているが、日本では手に入らないので個人輸入で買いたい。海外医薬品を購入する時は、個人輸入をされる方が多いと思います。

個人輸入なのですが、数量が一定量内であった場合なら許可されています。基本的には、業者への代行をお願いするか本人が直接輸入する形となります。

気軽に行える時代とはなっていますが、個人輸入は規則があるので、その規則を破ると罰金などが与えられる可能性があるので注意です。

海外医薬品を輸入する場合は、まず厚生労働省の地方支分部局に必要な書類を提出する必要があります。営業目的で輸入することが認められていないので、営業目的で輸入をしていないことを認めてもらう必要があります。

とはいえ、決められた許容範囲内であり、税関の確認さえ受ければ比較的簡単に輸入は可能です。個人輸入の制限数ですが、要指示薬の場合は一ヶ月分以内です。ジェネリックなどの医薬品などは2ヶ月以内で、サプリメント剤などは4ヶ月以内が規定範囲内の量となります。

当然ですが、法律やワシントン条約などで輸入規制がかかっているものは、日本への持ち込みは不可能です。当然、日本では認められていない、副作用が報告されていないなどリスクはあるため使用には十分に注意すべきでしょう。
商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力
キーワードで絞る
販売価格(税込)で絞る
 円から
 円まで